松本市の塗装店なら外壁塗装、屋根塗装の専門店、有限会社コートシステムヒラヤ

昭和40年創業「塗装専門店」だからこそ安心の技術をお届けします。

専門家コラム

外壁塗装で近所トラブル?松本市で外壁塗装を検討する方は注意しましょう!

2018年04月28日

近所の家が外壁塗装を始めてから、不快なことが沢山起こって悩まされている…そんな経験はありませんか?
施工をする家にとってはあまり気にならないことでも、もしかすると近隣住民に迷惑がかかっているかもしれません。とはいえ、外壁塗装をしないわけにはいかないので、施工に入る前にトラブルの対策をしておくことが大切です。今回は、外壁塗装の際に起こりうる近所トラブルと、その防止策と解決法についてご紹介します。

・ 起こりやすい近所トラブル

外壁塗装中、および施工後に起こりうるトラブルには以下のケースが挙げられます。

1. 騒音
外壁塗装の工事を行うには、クサビ足場と呼ばれる足場の組み立てや解体が必要です。この作業ではハンマーを使用するので、音が大きすぎてうるさいという苦情が発生することがあります。

2. 臭い
塗料には水性と油性の2種類があり、油性の塗料からはシンナーのような強い臭いがします。この臭いが苦手な人は体調が悪くなるなど、日常生活に支障をきたす可能性があります。また、施工を行っている業者のスタッフが吸っているたばこ臭が気になるという人もいます。

3. 塗料の飛散
外壁塗装においてよく見られる事例です。近隣住民が所有する車に塗料がついてしまう、駐車・停車中の車にかかってしまった…ということがあります。車だけでなく、洗濯物や隣の家の壁に付着することもあるので、万が一の場合に備えた予防が重要です。

・ 近所トラブルを防ぐために

では、これらの近所トラブルはどのような方法で防ぐことができるのでしょうか。トラブルの種類ごとに予習しておきましょう。

1. 騒音
クサビ足場は騒音の大きな原因ですが、作業性と安全性に優れているので一般的に使用されています。残念ながら音を抑えることは難しいので、まずは作業員と共に近所へあらかじめ挨拶回りに行き、周囲のご理解を得ることが一番です。作業員の安全のためにもクサビ足場は推奨されています。

2. 臭い
油性の塗料は水性に比べて密着力が高く、性能が良いので重宝されます。騒音と同じように、こちらも臭いを消すことは困難ですが、どうしても臭いが苦手な方には水性塗料を使用するという選択肢もあります。最近では油性塗料でも臭いが抑えられるように開発されていることもあるので、施工の前に確認をしてみましょう。

3. 塗料の飛散
施工の前に近所への挨拶回りを行い、その際に屋外から動かせるものは動かし、飛散防止シートを使用できるか確認しましょう。シートが風に飛ばされることもあるので、テープや予備のシートを自分で用意するなどの工夫をした方が良いでしょう。

今回は、外壁塗装で起こりうる近所トラブルとその予防策・解決策をご紹介しました。外壁塗装では時折思わぬトラブルが発生してしまいます。大抵の場合は事前の挨拶回りをきちんと済ませることで防ぐことができます。

コートシステム・ヒラヤでは塗装前の挨拶のサポートや、トラブルを防ぐためのご相談も承っております。松本市で外壁塗装の検討をされる方はお気軽にご相談ください。

無料見積もりはこちら
  • メールでのご相談
  • 無料診断はこちら