松本市の塗装店なら外壁塗装、屋根塗装の専門店、有限会社コートシステムヒラヤ

昭和40年創業「塗装専門店」だからこそ安心の技術をお届けします。

専門家コラム

外壁塗装では塗料の種類・特徴を確認すべき?松本市の外壁塗装について

2018年05月02日

念願のマイホームを手に入れてから早10年。そろそろ外壁塗装を検討したいけど、知らないことばかりで何から手をつけたら良いのか分からない…そのような方はいらっしゃいませんか?

事前の情報収集は満足できる外壁塗装を行うために重要です。特に、塗装に使われる塗料の選択は予算と今後の塗り替えに大きな影響を及ぼします。そこで今回は、外壁塗装において使用される塗料の種類についてご紹介します。

・ 塗料のグレード

外壁塗装の塗料にはグレードがあります。グレードは塗料の耐用年数と比例しており、グレードを上げると性能は上がりますが、その分費用も高額になります。一般的に使用されている塗料は以下の5種類です。

1. アクリル塗料
アクリル塗料はこの中では最もグレードが低い種類です。耐候性が低く、汚れやすいので、こまめなメンテナンスが必要です。一方で、値段が安く、塗装直後は見た目が美しくなるという利点もあります。

例えば、新築の家は素材によってひび割れが起きやすいので、最初はアクリル塗料を使用し、最初の塗り替えでよりグレードの高い塗料を使用することで、家のコーティングを強固にするという手法が取られることもあります。耐用年数は約5~7年です。

2. ウレタン塗料
ウレタン塗料は価格、耐久性、機能性のバランスが良い塗料です。光沢があり、様々な場所に塗ることができます。シリコン塗料と比較されることが多く、耐用年数が若干短くなる分値段も安くなります。耐用年数は約7~10年です。

3. シリコン塗料
シリコン塗料は耐候性が高く、汚れがつきにくいことが特徴です。木部に塗ることができないという欠点はありますが、色あせもしづらく価格も手頃なので使用されることが多いです。現在使用されている塗料の中では人気が高く、広く使用されています。耐用年数は約10~15年です。

4. フッ素塗料
フッ素塗料は耐候性が高く、汚れにくいなどの特徴があります。高額である分寿命も長く、スカイツリーやレインボーブリッジのように頻繁に塗り替えを行うことが難しい建物に使われることが多いです。もちろん一戸建てに利用することも可能なので、耐久性が高く長持ちする塗料を使いたい方には向いているでしょう。耐用年数は約15~20年です。

今回は、外壁塗装で使用される塗料についてご紹介しました。正しい知識を得ることで今回の塗装だけでなく、数十年後まで続く長期的な塗り替えプランを立て、家を適切に管理することができます。ただし、こちらでご紹介した情報は一般的なものであり、詳しい特徴や耐用年数は扱っている専門店によって少しずつ異なります。

コートシステム・ヒラヤは専門店ですので、豊富な知識を持つスタッフが多数在籍しております。外壁塗装を検討される方は、お気軽にご相談ください。

無料見積もりはこちら
  • メールでのご相談
  • 無料診断はこちら