松本市の塗装店なら外壁塗装、屋根塗装の専門店、有限会社コートシステムヒラヤ

昭和40年創業「塗装専門店」だからこそ安心の技術をお届けします。

専門家コラム

外壁塗装の塗り替えに適した季節はいつ…?|松本市の業者がお答えします

2018年09月03日

外壁塗装に最も適した季節はいつでしょうか…?
この質問に即答できる方は非常に少ないのではないでしょうか。

良くも悪くも四季折々の景色を見せてくれる、ここ日本において、なにかアクションを起こす季節というものは非常に重要です。
そして、その重要性は外壁塗装工事においても同様です。

これらを踏まえ、今回は、外壁塗装の塗り替えに最も適した季節についてご紹介いたします。
外壁塗装工事を検討している方は必見です。

□外壁塗装工事をするのに適した季節はいつ…?

・外壁塗装工事をするのに適した状態だと言える条件

そもそも、外壁塗装工事にはいかなる条件があるのでしょうか。

外壁塗装工事はその名の通り、外壁に塗装を施す工事になります。
そのため、塗料が乾く季節である必要があります。

そして、塗装は気温が5℃以下または、湿度が85%を超えてしまうと乾くのが遅れてしまいます。
そのため、寒い冬の日、雪が降った日、雨の降る日は向いていません。

・外壁塗装工事をするのに適した季節

気温も湿度も安定している春と秋が挙げられます。
もっとも、春の場合は梅雨を迎える前に、秋の場合は、台風が来ない時期に工事をする必要があります。

この二つの時期は、上記の理由から予約が集まりやすいので、注文するのが非常に難しいようです。
かなり前から予約をしておくのがおすすめです。

非常に温度が上がる夏場も、塗料の乾燥という観点からすれば工事をすべきタイミングだと言えますが、工事の進捗という観点からすると望ましくありません。
なぜなら、高温で、足場も温まりやすいため、作業員の体力が奪われやすくなるためです。
それにより、トラブルも発生しやすくなります。そのため、真夏は避けるのが無難です。

そして、冬場は温度が低すぎて、塗料が乾かない恐れがあるだけではなく、凍結のリスクもあるため、あまり工事には向いていません。

□あくまで一般論です

しかし、上の話はあくまで一般論です。
豪雪地帯にある外壁塗装業者は、雪が降るような時期でも工事をするノウハウを持っている場合があります。
それは、暑さが厳しい場所の業者であっても同様です。

このように、ある地域において長い実績を持っている業者は、その地域での工事に精通しており、季節の縛りなく工事を行える場合が多いようです。
この季節に工事をしたい・しなければならないというような場合は、地域に密着した業者に依頼するのも一手です。

□まとめ

今回は、外壁塗装工事をするのに適した季節についてご紹介いたしました。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

弊社は松本市で54年もの間外壁塗装工事を行ってきたため、工事と季節に関して知識が豊富です。
季節にお悩みの際は弊社までお気軽にお問い合わせくださいませ。

無料見積もりはこちら
  • メールでのご相談
  • 無料診断はこちら