松本市の塗装店なら外壁塗装、屋根塗装の専門店、有限会社コートシステムヒラヤ

昭和40年創業「塗装専門店」だからこそ安心の技術をお届けします。

専門家コラム

外壁塗装が勝手にキレイになる!光触媒塗料のメリットとデメリットを松本市の塗装店がご紹介!

2018年12月16日

みなさんは、壁の汚れを自分で落とす塗料についてご存知ですか?
光触媒塗料と呼ばれるその塗料は、太陽光で汚れを分解することができ、掃除せずとも常にきれいな状態を保つことができるのです。
今回は、そんな夢のような塗料である光触媒塗料についてご紹介します。

□光触媒塗料とは?

そもそも光触媒塗料とはなんなのでしょう。
その大きな特徴として、塗料が太陽光に当たることで汚れを分解し浮かせることができ、その浮いた汚れを雨や水で洗い流すことで壁を常にきれいに保てるという点が挙げられます。
比較的新しく開発されたものであるため、まだ使用例が多くありませんが、環境にも良いことから注目されています。

□光触媒塗料のメリット

ここでは、光触媒塗料のメリットをご紹介します。

*セルフクリーニング機能

先ほどもご紹介した通り、光触媒塗料には自然の力で汚れを落とすことができるという特徴があります。
そのメカニズムは、塗料の原料である酸化チタンが日光に当たることによって活性酵素をつくり、この活性酵素が壁についた汚れを分解する、というものです。
また、塗料の表面が水をはじくために、雨が降った時や水をかけられた時には、分解した汚れを落とすことができます。
これが、光触媒塗料が汚れを落とすことができるメカニズムです。

*空気浄化効果

光触媒塗料は自分を浄化するだけではなく空気も浄化する効果があります。
先ほど、日光に当たることで活性酵素が発生するとお伝えしましたが、その活性酵素が空気中に含まれる窒素酸化物を空気中から排除させることができます。
その効果は非常に大きく、例えば30坪の戸建て住宅の壁全面にこの光触媒塗料を塗ったとすると、乗用車12台が排出する窒素酸化物を除去できるほどの効果を持ちます。

□光触媒塗料のデメリット

ここでは、デメリットについてご紹介します。

*価格が高い

光触媒塗料は、一般的なシリコン塗料の約2倍の価格です。
その一方で、光触媒塗料は耐久性が高く約20年もつと言われています。
そのため、長い目でみるとコストパフォーマンスが良いと言えます。

*日光が当たらなければ効果がない

日光の力がないと活性酵素は発生しません。
つまり、日光に当たらない限り、光触媒塗料はその良さを発揮することはできません。
そのため、日当たりがあまり良くない家に光触媒塗料を使うことはおすすめできません。

以上、光触媒塗料のメリットとデメリットについてご紹介しました。
外壁は家の印象を大きく変えるので、ぜひこだわって塗料を選んでくださいね。
この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。
松本市・塩尻市・中信地域で外壁塗装をお考えの方は、ぜひ有限会社コートシステム・ヒラヤまでご連絡ください。

無料見積もりはこちら
  • メールでのご相談
  • 無料診断はこちら