松本市の塗装店なら外壁塗装、屋根塗装の専門店、有限会社コートシステムヒラヤ

昭和40年創業「塗装専門店」だからこそ安心の技術をお届けします。

専門家コラム

外壁塗装をするときに挨拶は必要?松本市の外壁塗装業者が解説します

2019年02月21日

「近いうちに外壁塗装をするのだけど、ご近所に挨拶に行かなければならないのかな?」「挨拶はいつ行けばいいの?」「どんな粗品を持って行けばいいんだろう?」
このような悩みや不安を抱えていらっしゃいませんか?
この記事でその悩みや不安を解決します。
外壁塗装の際の挨拶が必要なのかどうか、何を伝えなければならないのか、挨拶に行く際に持って行くと良い粗品はどのようなものかについてご説明します。

□外壁塗装の際に挨拶は必要なの?

外壁塗装の際は、ご近所に匂いや騒音などで迷惑がかかる可能性があります。
そのため、外壁塗装の際は近所に挨拶に行く必要があります。
余程の理由がない限りはご近所への挨拶には行くようにしましょう。

□外壁塗装の際の挨拶はいつ行けばいいの?

挨拶は外壁塗装の始まる1週間前には行くようにしましょう。
外壁塗装の際、塗料の匂いや、足場の設置や取り外しの際の音が発生します。
挨拶に行き、匂いや騒音に関して伝えておくことで、そのことに関してのトラブルを未然に防げるでしょう。

□挨拶の際に伝えるべき内容

挨拶の際に伝えるべき内容は「工事期間」「工事の開始時間と終了時間」「休日の工事の有無」「近所の家にも養生する可能性があるということ」の4つです。
これらのことは必ず伝えるべき内容となっています。
先に伝えることで、のちにトラブルになることを防ぐことができます。

*養生とは

養生とは、家や駐車場の屋根、車などに塗装の際の汚れがつかないようにカバーをかけることです。
これは主に塗装を行う家に隣接している家に行われることが多いです。

□持って行くと良い粗品

粗品を選ぶ際は、渡す相手に「何かお返しした方がいいかな?」と気を遣わせないものを選ぶようにしましょう。
値段は500円から1000円ぐらいのもので十分です。
例えば、タオルやハンカチ、石けん、お菓子などがいいでしょう。
こちら側の誠意が伝われば大丈夫です。
地域指定のゴミ袋も喜ばれるので、ぜひ参考にしてください。

□まとめ

挨拶は近所間でのトラブルを防ぐことができます。
その際に、「工事期間」「工事の開始時間と終了時間」「休日の工事の有無」「近所の家にも養生する可能性があるということ」は最低限伝えることが大切です。
自分が相手の立場になったときのことを考えて、行動するとさらによくなるでしょう。
松本市・塩尻市・中信地域で外壁塗装をお考えの方は、ぜひ有限会社コートシステム・ヒラヤまでご連絡ください。

無料見積もりはこちら
  • メールでのご相談
  • 無料診断はこちら