松本市の塗装店なら外壁塗装、屋根塗装の専門店、有限会社コートシステムヒラヤ

昭和40年創業「塗装専門店」だからこそ安心の技術をお届けします。

専門家コラム

外壁塗装を行う業者の種類について、松本市の外壁塗装業者が解説します

2019年02月25日

「外壁塗装を始めようかと考えているが、どんな業者があるのか分からない」「業者ごとに比較してそれぞれの特徴を知りたい」

このように思っている方は多いのではないのでしょうか?
外壁塗装を始める際には、外壁塗装を請け負う業者の種類やそれぞれの特徴を知っておくことは非常に大切です。
今回はこのような方のために、外壁塗装を請け負う業者の種類、またそれぞれの業者の特徴をご紹介します。

□外壁塗装業者の種類

外壁塗装業者は主に、工務店、営業会社、総合リフォーム店、塗装屋、塗装職人専門店の5種類に分けることができます。

□外壁塗装業者の種類ごとの特徴

*工務店

下請け職人や孫請け業者が外壁塗装を行います。
外壁塗装を行う際に用いる塗料は、寿命が長くて3年から4年のウレタンや5年から6年のシリコンとなっています。

*営業会社

下請け職人や孫請け業者が外壁塗装を行います。
飛び込みで営業に回ったり、電話で加入することが多いです。
また外壁塗装の際に、寿命がかなり長いことで知られているフッ素塗料を用いることがあるということも特徴です。

*総合リフォーム店

下請け職人や孫請け業者が外壁塗装を行います。
自社職人ではないので、業者の技術が高いかどうかは不明となっているため注意が必要です。

注意として、上記の工務店、営業所、総合リフォーム店の場合は営業を行う人と、外壁塗装の施工を行う人が異なるので、自分のニーズが外壁塗装を行う職人に伝わらないこともあるということが挙げられます。

*塗装屋

工務店や営業会社、総合リフォーム店とは違って、自社職人で塗装のプロが外壁塗装を施工してくれます。
また、職人が営業も兼ねて仕事をしているという点も大きな特徴となっています。

*塗装職人専門店

工務店や営業会社、総合リフォーム店とは違って、自社職人で塗装のプロが外壁塗装を施工してくれます。
専門店なので、少し費用が高いと感じることもあります。
また、こちらも職人が営業も兼ねて仕事をしているという点があります

上記の塗装屋と塗装職人専門店は営業をする人が外壁塗装の仕事を兼任しているので、依頼者のニーズが伝わりやすいという利点があります。

□まとめ

外壁塗装業者の種類、またそれぞれの業者の特徴についてご理解いただけましたでしょうか。
外壁塗装業者には5つの種類があります。
業者を選ぶ際には、費用をできるだけ安くしたいのか、信頼できる職人に任せたいのかなどによって選ぶと良いでしょう。
松本市・塩尻市・中信地域で外壁塗装をお考えの方は、ぜひ有限会社コートシステム・ヒラヤまでご連絡ください。

無料見積もりはこちら
  • メールでのご相談
  • 無料診断はこちら