松本市の塗装店なら外壁塗装、屋根塗装の専門店、有限会社コートシステムヒラヤ

昭和40年創業「塗装専門店」だからこそ安心の技術をお届けします。

専門家コラム

外壁塗装は何年一度?塗装する頻度と理由について|松本市から解説

2018年03月31日

外壁塗装をお考えで、どれくらいの頻度で外壁の塗装を行わなければならないのかわからず不安を抱えている方々はいらっしゃいませんか?

外壁塗装をどれくらいの頻度で行わなければならないのかわからなければ、長期的な住宅にかかる予算の計画も立てられず、また急に外壁塗装が必要となってしまってはまとまったお金を用意することも難しいでしょう。

そこで今回は、外壁塗装を考えている方々へ向けて外壁塗装を行う一般的な頻度となぜ外壁塗装を行うのかについてご紹介していきたいと思います。

[外壁塗装を行う一般的な頻度]

一般的な外壁塗装の頻度は約10年に1度と言われております。
外壁の塗り替えにあたり、資金を揃え、外壁塗装をお願いする業者を選ぶために、余裕をもって1,2年前から始めておく必要があるでしょう。

10年で外壁の塗り替えを行うということは、8年から9年経った段階での準備が必要ということです。

塗料のグレードやランクによっては10年持たない場合や、10年以上持つ場合もあるので、外壁のメンテナンス時期かわからなくて不安といった方は一度業者にご相談していただくのが良いかと思います。
もう既に10年経ってしまっているといった方は早めにご相談ください。

[なぜ外壁塗装を行うのか]

外壁の塗装の理由は、外観が損ねるといったことももちろんなのですが、それと同等に外壁のメンテナンスを怠ると外壁材そのものの劣化がしてしまうことが挙げられます。

塗装が剥げると、雨や紫外線により内部にある外壁材に悪影響を及ぼします。
結果的に、雨漏りがするなどの弊害が生まれてしまいかねません。このような理由から定期的にしっかりとした外壁のメンテナンスをすることはとても大切なのです。

 

以上、外壁塗装をお考えの方々へ、一般的な外壁の塗装の頻度と外壁塗装をする理由についてご紹介していきました。
まずご紹介したのが一般的な外壁と塗装の頻度は10年に1度ということでした。

しかし塗料などの違いによってはもう少し頻度が高いケースがあります。

ご心配な方は弊社へお問い合わせください。
もう一つご紹介したのが、外装を行う理由は、外観を損ねないといったことに加えて、外壁材の劣化を防ぐ、外壁材の劣化による雨漏りなどの被害を防ぐことでした。
外壁塗装についてお悩みや不安なことがある方はいつでも気軽にご相談くださいね。

無料見積もりはこちら
  • メールでのご相談
  • 無料診断はこちら